発音編

英語の発音練習 -【S】&【Z】(音声有)

  • 英語の発音が苦手で相手に全然理解してもらえない…
  • リスニングが苦手で、相手の言っていることが聞き取れない…
  • ネイティブスピーカーのようにカッコよくスムーズに話したいのに口が回らない…

こんな人のための記事です。

そして、この記事を読むと英語の発音の理解が深まり、【s】&【z】を正確に発音できるようになります。

英語の音を知ろう

英語の子音は全部で24個あります。それらの発音方法にはそれぞれ特徴がありますので、種類別の特徴を捉えて一つずつ習得していきましょう。

本日の子音【s】&【z】

【s】= Sea のこのの部分

【z】= Zoo のこのの部分

Hanako
Hanako
何故【S】と【Z】を同時に練習するの?
Geshi
Geshi
この二つは発音仲間だからだよ。

本日はこの【S】と【Z】という子音の発音練習をしてみたいと思います。

では何故この【S】と【Z】を同時に練習するのか?

その理由は、この二つは発音に関してはある意味仲間だからです。

 

発音練習

音の違いを確認しよう

まずは【S】と【Z】の音の違いを音声で聞いてみよう。

僕の言う発音仲間の定義

  • 口の形は一緒
  • 濁点の有無の違い (【s】=濁点無【z】=濁点有)


  • 舌の先と歯茎の隙間から息を出す感じです。
  • 【z】は【s】に濁点が付いて、短く【s”】という感じです

もし今電車の中や声が出せない状態の方は、マスクの中で小声で周りに気付かれないように、それも難しい方は口の形だけでも作って頭の中で発音してみてください。

いかがでしょうか?

もしも、今電車の中などで声が出せない状態の方は、マスクの中で小声で周りに気付かれないように、それも難しい方は口の形だけでも作って頭の中で発音してみてください。

 

発声練習

それではまず【s】と【z】、それぞれの子音単体で発声してみましょう。

Lesson 1-1. 【s】

【S】短く 【S】強く 【S】長く

Lesson 1-2. 【z】

【Z】短く 【Z】強く 【Z】長く

 

発音練習

次に【s】と【z】が実際に使われている単語で発音練習してみましょう。

スペルで発音練習

単語の場合は他のアルファベットの発音も同時に行わなければいけませんが、今回は【s】と【z】以外は聞いたままなんとなく真似て発音してみましょう。

*他のアルファベットの発音方法は別記事でご紹介しています。

Lesson 2-1. 【s】

【S】で始まる単語例

  • Star(stɑːr)
  • Sea(siː)
  • Student(stjuːdənt)

【S】で終わる単語例

  • Kiss(kɪs)
  • Loss(lɒːs)
  • Pass(pæs)

Lesson 2-2. 【z】

【Z】で始まる単語例

  • Zebra(ziːbrə)
  • Zoo(zuː)
  • Zombie(zɒmbi)

【Z】で終わる単語例

  • Jazz(dʒæz)
  • Buzz(bʌz)
  • Fizz(fɪz)

 

発音記号で発音練習

次は、【s】と【z】の発音記号に着目して練習してみましょう。

下記のような例外パターンも存在します。

Lesson 3-1

■【s】と【z】以外でも【s】と【z】の発音がなされる単語パターン例

・Bacause(bɪˈkɒz) ・Purpose(pɜːpəs) ・Confuse(kənˈfjuːz)

Lesson 3-1

■複数系の場合で【s】をそのまま【s】と発音する単語パターン例

  • Works(wɜːrks)
  • Socks(sɒks)
  • Dogs(dɒːɡs)

■複数系の場合で【s】を【z】と発音する単語パターン例

  • Sisters(sɪstərz)
  • Babies(beɪbiz)
  • Balls(bɔːlz)

  • 単語の終わりが【se】の場合、最後の“e”は発音しません
  • 単語の終わりが【se】の場合、【s】と【z】どちらの発音になるパターンもあります
  • 上記は他のアルファベットの発音でもありえるパターンなので、単語スペルで発音を考えるのではなく、常に発音記号を確認する癖を付けましょう

 

まとめ

本日は、様々なパターンの単語を紹介させていただき【s】と【z】の発音を練習致しました。

ここまで見ていただいた通り、英語には読んで字のごとく発音されるパターンと、そうでないパターンが存在します。

ですので、単語をただ暗記して闇雲に発音するのではなく、必ず発音記号も一緒にチェックすることが非常に大事になってくるのです。

語学学習への理解

語学学習は、

Lifelong task (一生かけての仕事)

と言われています。

実際に、僕もその通りだと思っています。

他言語の習得にはとにかく時間がかかりますし、そもそも”習得”という言葉自体が適正ではないかもしれません。

特に、僕のように大人(25歳)になってから英語学習をまともに始めた人間にとって、母国語の日本語と同じレベルで完全にストレス無く英語を話せるようになることは、かなり難しいと考えています。

しかし、プロフィールにも書かせていただいていますが、

僕は25歳までHow are you?に答えられないくらい英語に関して無知でした。

でもそんな僕が、その後独学で学びTOEIC900点を取得。

現在は、、、

  • 外国人を雇用しながら異文化交流を日本の子供たちにお届けるプロジェクトを遂行中。
  • 園児、小学生対象の世界に視野を広げる英会話スクール開催中。
  • フリーランスの貿易営業マンとして日本の食文化を世界にお届け中。

こんな生活を送っています。

すなわち、“正しい方法”で行えば、僕くらいのレベルには誰でも到達出来るということなのです!

オススメのテキスト

僕の思う正しい方法のベースとなったのは、本当にたった2冊のテキストでした。

それらは大きく分けて、文法勉強用、そして発音練習用です。

 

英文法学習用

「Basic Grammar in Use」

 

Basic Grammar in Useは、僕がこれまでの英文法学習で使用し、本当におすすめするたった1冊のテキストです。

こちらは、イギリスのケンブリッジ大学が出版している世界中の英語学習者に向けた英文法の教科書です。

そして、その中身は全て英語!

もうこれは英語学習者が英文法を学ぶ上で僕の思う完璧なテキストです!

このテキストは、B5サイズの見開きになっていて、左ページには上で書いたような例文が分かりやすいイラストと共により細かく書かれています。

そして、右ぺージは問題を解けるような形式になっています。

参考までに軽く中身を載せますとこんな感じ。

Basic Grammar In Use テキスト

日本語やスペイン語等の翻訳文章が一緒に載っているものも見たことがありますが、それはオススメしません。

あくまでも、この英語のみで初めから理解するというのがポイントになります。

これまでも英語を勉強してる、もしくはこれから勉強したいと相談してきた友人や知人には必ずと言っていいほどこの本を紹介してきました。

そして、現在小学生に英語を教えているのですが、そのクラスで使用している僕のオリジナルコンテンツもこちらを参考にしています。

このBasic Grammar in Useの内容もこちらの記事でざっくりと解説していますので、是非こちらも目を通してみてください。

英会話に本当にオススメな2冊のテキスト公開 【2/2】学生時代偏差値30だった僕が、TOEIC900点を取得し貿易の仕事をこなせるようになった方法公開します。 ...

そして、僕はとにかく英会話の習得には”たくさん声に出すこと”が必要だと考えています。

しかし、せっかく声に出しても正確な発音方法を知らないとせっかくの練習が半分以上無駄になると言っても過言ではありません。

正確な発音を学ぶべき理由は大きく分けて2つあると考えています。

  • 文章をスムーズに発声しにくい
  • 正確な発音を知ることでリスニングにも効果がある
文章をスムーズに発声しにくい

英語ネイティブの話すスピードが速いのは、その裏には速く話せるロジックが潜んでいます。

実は、正確な発音で発声しないとあのスピードで話すことは非常に難しいのです。

各英単語には必ずアクセントをつける場所があります。

そして、文章になるとその文章を話す流れ(リズム)があります。

英語はそのアクセントの場所やリズム感が非常に大きなカギを握っている言語です。

たとえ同じ単語でも、アクセントの位置を間違えたり、リズムが悪いと伝わらないこともあります。

日本語とは全く違います。

だから、日本語で覚える癖をつけるのは絶対にやめましょう!

文章を理解するために、後ろから返り読みとか絶対にダメです!

後々実際の会話で必ず苦労します!

正確な発音を知ることでリスニングにも効果がある

自分で発する音も自分の耳に飛び込んできます。

正確な発音で発声すれば、正確な発音でのリスニング練習に繋がります。

ですので、せっかく声に出して練習するのであれば、スピーキングとリスニングを両方鍛える方が理にかなっていますよね!

言語習得には時間がかかるので、少しでも効率を上げることが近道になりますから!

 

発音練習用

そこで、僕がいつも発音編を書く際に参考にしている、僕がこれまで使用したこちらのテキストもチェックしてみてください。

「英語耳」

 

英会話習得を目指す方必見!発音練習に絶対おすすめなテキスト!学生時代偏差値30だった僕が、TOEIC900点を取得し貿易の仕事をこなせるようになった方法公開します。 ...

 

オススメの英会話レッスン

英文法学習、発音練習で培ったスキルは、実戦で使用することで身につきます。

そこで、僕がオススメするのがこちら。

DMM英会話|早期入会で初月最大50%OFFの活用です。


発音練習にもおすすめ(DMM英会話広告)
DMM英会話は、英会話を習得するために必要な要素をたくさん持ち合わせていると僕は考えています。

それらの要素は下記になります。

英会話習得に大切な要素

  • 英会話を日常にする
  • 目標を明確にする
  • 様々なトピックに触れる
  • モノマネをする
  • 積極的に行動する

次の記事では、なぜ僕がこれらの要素が英会話の習得に大切だと考えているかを解説しています。

英語学習で大切な要素 5選!英語学習をする上で大切な要素を5つに分けて、その理由と共にお伝えします。語学学習者、及び語学学習を検討している方必見です!...

さらに、次の記事ではDMM英会話を活用することで、どのように上記5つの要素を満たしてくれるのかを説明しています。

DMM 英会話 記事サムネイル
DMM英会話をおすすめする理由この記事では、「How are you?」が理解できないレベルからTOEIC900を取得して英語で独立した僕が、DMM英会話をおススメする理由を解説致します。...

 

みなさんも目標を明確化して、焦らずに一歩一歩進んでいけばきっと理想に近づけます!

それでは、僕のブログが少しでもみなさんのお力になることが出来れば嬉しく思います。

Let’s become world citizens together!!

See you soon!